峰プログ

峰丸プロダクション代表の岡村峰和による公式ブログサイトです。

峰プログ

考えが煮詰まって、突然ふと我に帰る。(ひとりごと)

こんばんは。

今日、ふと怖いことを思いついてしまい、これはいかんと思って書き出します。ひとりごとなので、さらっと読み飛ばして下さいませ。

減量していた時のことです。栄養管理を徹底し、1日に必要な炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどを何グラム摂るか、毎日計算して食べていました。そこまで徹底してしまうと、食べ物だけで調整するのは限界があります。なので、補助的にサプリメントも使いました。サプリメントはとても便利で、計算がしやすく、しかも食べ物と比べたら、量が少ないですし、安価です。そんなことをしているとふとSF的な想像がよぎったのですが、将来、資源がなくなったら、サプリメントだけで生きていくことになるのかなと思いました。ただし、そうなると噛む力が必要でなくなるので、顎が弱くなってしまうでしょう。まあ想像が正しいかどうかは置いておいて、私はどうしても考えを突き詰めていくと、宇宙とか、遺伝子とか、細胞、未来、人工物…のような淘汰されていくSF的世界に行き着いてしまいます。

 

それで話を元に戻しますが、今日のふと思いついた怖いこととは、SF的な想像を膨らませることによって生まれた興味が、私の気を散らしているのではないかということです。そういえば前にもそんなことがあって、私は今、時代劇を作ることになっているのかもしれません。

 

私は元々、絵が好きで絵をを描いていました。絵を描くときにまずどんな絵を描こうかなと考えます。それで昔から好きだった時代劇をモチーフに絵を描きました。時代劇の絵を描くために、色々本を読んだり、映画を見たりして、勉強しました。そうしたら、時代劇の歴史が面白くて、私の興味は絵の下地や、絵の具、筆へ向かわずに、時代劇そのものへ向かって行きました。結果、現在、時代劇を作っています。

 

さて、今度はです。時代劇を作るときに、どんな物語にしようか考えます。最近、私はSF的な想像が思いつくので、それに関連した資料を調べます。そうしたら、SFそのものが面白い。今ここにいます。

 

ちょっと待てよ…。私はそもそも時代劇が作りたかったのでは…??

 

怖いことというのは、このことです。気が散ってしまうことによって、本来やりたかったことを忘れてしまうのです。これをいいとするか、悪いとするかは、意見が分かれるかと思われますが、私は良くないことだと考えています。これではいつまでたっても極めていくことができません。だから今日、気づいてよかったなと思います。調べることは全然構いませんが、それをどう生かすのか考えないといけません。まさか、今度は科学者や宇宙飛行士にでもなる気か…!?いや、そんな訳ありません!徹底して時代劇を研究していきたいです。まだ分かりきってもいないのに、他の分野目移りしてる場合じゃありません。

 

同じ油画の学生でたびたび見かけるのですが、コンセプトなどを考え詰めてしまうために、本来やりたいことからどんどん離れていって、ある意味淘汰されてしまう人がいます。私もどちらかというと、そういうタイプです。他の人がどう思っているのかは知りませんし、それが良いかどうかも断言できませんが、私は淘汰されていくことが不快です。なんだかどんどん頭でっかちになっていくようで。心がカサカサに乾いていくような心地です。そんな今日、今度は騙されないぞと気を引き締めています。

 

峰丸プロダクション

岡村峰和